読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Days

「今夜この世に降りた女神」=河合郁人

Welcome to Sexy Zone にて存分にSexy Zoneにウェルカムされてしまった

 

※ほぼ最終公演に近いですが、セトリ演出などに大幅なネタバレを含みます。

 

 

だらだらとはてブ書く書く詐欺を続けて早半年以上が過ぎた。現場を経験するたびに、「次の現場までにこの感動を残しておかなくては…!!!!!!!!」と決心する癖に、最後まで書ききる能力もなくツイッターにぼそぼそと思いのたけを吐き出して満足してしまう。こんなんじゃだめだこんなんじゃだめだ…と思いながら迎えた新学期。あれよあれよという間にまた新たな現場を迎えた。そう、

Welcome to Sexy Zone@北海きたえ~る 2016年4月9日㈯である。

 

 Sexy Zone。その出会いはデビュー当時にさかのぼる。

当時のわたしのジャニオタ歴としては、生まれてから数えるほうが早い(=ほぼ年齢と同じ程度ファンをやっている)V6と、ドラマ『流星の絆』で突然目覚めてしまった嵐から少しずつ熱が関ジャニ∞へと移り、V6と関ジャニ∞という二項対立(?)で安定しはじめていたころだった。社会的に大きな出来事といえば東日本大震災が起きたときで、個人的なことを言えば高校生になった。おこづかいというものをもらうようになり、そのお金を握り締めて真っ先に郵便局の窓口でファンクラブ入会金年会費を支払った。

そんな矢先にデビューした彼ら。わたしはもうすでにどっぷりとジャニーズにはまっている人間だったので、もちろん彼らのことは記憶に残っている。なんだか『若くて小さくてほそっこくてかわいい子達がデビューするんだね!』というざっくばらんとした印象を持っていた。当時すでに宝塚歌劇には目覚めていたので、マリウスのお母様が宝塚の男役であるということ、ドイツ出身であることなどにとても驚いた記憶がある。また、当時自担であった関ジャニ∞横山裕さんがレコメン内でSexy Zoneからの『入口出口~的な自己紹介ギャグを作ってほしい』的コメントを受けて、「『みんな僕にハマリウス~』でええんちゃう?」と楽しそうにくすくす笑っていたのを覚えている。(ちなみにマリウスは当時おそらくこれを嫌がっていた)

佐藤勝利くんは翼くんに似ているし、中島健人くんと菊池風磨くんは「B.I.Shadowのひとだ!」と思っていた。松島聡さん…は…えっと…

 

そんなこんなのイメージを持っていたSexy Zone。担当ではない側の人間から見ても、若手グループの中ではレギュラー番組なども比較的早くからもっていて、事務所からもプッシュされているのはなんとなく感じていたし、比較的テレビを見ていて特に注意していなくともお見かけすることは多かった。グループ内での人数問題など、推されていることと反対にファンの方が心を痛めるようなことがあることもなんとなくは感じていた。

不安と期待をないまぜにしつつ迎えた4/9。わたしは午前中部活でさらっとスポーツをして、家に帰ってひと段落してから友人と落ち合い会場に向かった。

そろそろ家を出ようか、そんなタイミングで飛び込んできた「ヘアゴム売り切れ」との報。!?!?!?まじ!?そんな!?そんな人気なの!?!?グループによるものか運営側によるものか、いままで基本的にねらっている物品が売り切れてしまうという経験がほとんどない(むしろ最近ではほぼ並んだ記憶もない)わたしはその時点で「Sexy Zone 大人気のグループ………:;(∩´﹏`∩);:」と思いながら会場に入った。(※実際には並ぶこともありますし売り切れたことも過去あります)

 

ところで、今回ウェルセク札幌に行った当時、わたしは黒崎くんで健人くんにかなり落とされているものの他G担当のジャニオタ、友人はゆるく松島が好きなどちらかというと二次元が好きな子で、言ってしまえばセクガルではなかった。ふたりしていつものV6・関ジャニ∞界隈や帝国劇場ではお見受けしたことのない全身の派手かつ色とりどりの服装と、担当の顔をラミネートして首からひっさげる生首ブーム(?)に震えつつ、また少ないお財布の中身と相談しつつ、ふたりでグッズを買い、開演に備えた。席は良い、とは言えない席であったがきたえーるの狭さと大変見やすい席位置であったおかげでステージ全体が見渡せて開演前のわくわくどきどきを、ふたりのおのぼりさんは周りを見渡しながらそわそわと体感していた。

 

開演5分ほど前。ちらほらと「Sexy Zone」コールが上がる。

わからないながらに声を出す。

開演時刻か一分ほど過ぎたころ、会場の照明がふっと落とされた。

 

 

最高だった。

 

 

もうあんまりにも興奮しすぎたこともあるし、実際結構月日が経ってしまっているのもあるから記憶がないのもあるのだけれど、

なんというか、もう、「最高」だった。

 

オープニングの5人のシルエット、次々にカメラに抜かれた5人の表情。

勝利くんかおちっっっっっっっっっちゃい!!!!!!!!!!!

健人くんあしなっがががががががああああい!!!!!!

聡ちゃんげきかわ!!!!!!!!!!!!

あっ風磨さん、と、マリウスさん同じ髪型…?かっこいいいいいいいい!!!!!!

 

ウェルセクコンに急遽参加することになって借りた、わたしのミュージックプレイヤーに唯一入っている最新アルバムからの曲が続き、聞きなれた声と音楽にいやおうなくテンションは上がっていく。5人とPrince/SixTONESという少年倶楽部にてよく見慣れた方々を生で見ている…!?なに?わたしすごくない!?!?(※すごくないです)

ここでわたしのSexy Zoneへのきっかけとなったといっても過言ではない曲『Make my day』!ヒィィィィィィャアァァァァァァァァァッホーーーーーーーーー!!!!!!!黒崎くん!!!黒崎くん!!!健人くん!すき!!!!!!無我夢中になりながらタオルとペンライトを振り回した。幸運にも席が通路側で隣の方に当たる心配もなかったため、遠慮なくぶんぶんと振り回した。ハアァ、Sexy Zone最高…ここまででだいぶSexy Zone Fantasy Worldに酔いしれていたわたしたち二人に、休む間もなく第二の刺客が訪れる。

 

そう、『New Day』である。

 

3ヵ月ほど前すでにJWにてわたしは聞いていた曲であったが、それとはがらりと変わった演出、そしてなによりもこれを歌う二人の圧倒的美に打ちのめされた。

「画面から美の暴力を受けています助けて」

一言でまとめるとこれに尽きる。一瞬訳が分からなくなってた。勝利くんのまだあどけなさの残るご尊顔にさらりと少し目にかかる長めの前髪。つつつ、と静かにほほを流れる、涙かとも見まがうような汗。それに対してまず体躯の長さが際立つ健人くん。こちらも少し前髪が汗で額に張り付き、目に少しかかってそれが色気を増す。勝利くんに対してこちらは主張が激しい発汗量。キラキラと照明を反射して光っているのが眩しい。目が、目がアアアア…!というセリフはこのためにあるんだ…!!!!

 

『New Day』に魂を引き抜かれていたのを何とか押し戻して、そうまり『Sweety Girl』では可愛いのオンパレードにひどい肩こりを治してもらったようなエネルギーをもらった。ああああそうマリカワイイイイ可愛いの権化。

ここでほっこりしている場合じゃなかった。事件はそのあとに起こったのである。

 

 二階スタンドほぼ最後列で見ていたわたしは、目の前の柵の通路にロープを巻き始めるスタッフさんを確認した。

…ん?これは……もしや…

そのまさかだった。

 

暗闇の中、ぼんやりと浮かび上がるキラキラとした衣装を身にまとって目の前を目的のトロッコに向かって歩いていく風磨さんが見え、わたしたちはひっと息をひそめる。いまふうまあっちいったってことはあそこにいるのは誰!?身長的にマリウスはないよね!?だれ!?!?ヒィィィィヤアアアア勝利様ーーーーー!!!!!!

『New Day』で目をつぶされんばかりの衝撃を受けたばかりだというのに、近距離での勝利様に相対峙するのは無謀すぎた。メンステとの距離ならまだ遠目だし、モニター越しならテレビ見ている感覚と一緒なのに!これ一歩踏み出したら触れられるのでは?(踏み出しませんが)という距離での勝利様、圧倒的ご尊顔の美に加え、想像できないほどのその小ささ、腰や手足の細さ薄さに二人して息をのむしかなかった。「勝利くんって本当に人間…?最新機器を駆使してわたしたちは幻を観させられているのではないのか…?どこかにゼンマイとかついてない?」唐突な勝利くんを受け止めるには現実逃避をするしかない自分、いまでもよくわかるよ。

 

だがここで終わりじゃなかった。最大にして最高の衝撃がすぐ後に待ち構えていたのだ。

勝利くんがわたしたちの前を過ぎ去った後、次にやってきたのは中島健人だった。映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』を見て以来、頭から中島健人の顔の綺麗さと圧倒的な男性感にさいなまれていたわたしは、必死に健人くんの公式うちわを抱え、ほぼ両手を合わせて拝むような形で来るのを待った。一方健人くんは『セクシーファンサマシーン』(勝手に命名)の呼び声高く、左右上下投げかけられるファンサ要求に全身で応えていた。

わあこんなに近く来てくれるんだ!もっとちゃんと団扇作ってくればよかったなあ、と思いながら健人くんを見つめていた。近づく健人くん。こっちちょっとでも見てくれたらうれしいなあ。さらに近づく健人くん。

結果としていってしまえば、健人くんがわたしの目の前を遮ったあとの記憶がしばらく定かではない。

なにが起こったかというと、健人くんは進行方向とは反対のブロックに自分のファンが多くいたのかどうかわからないけれど、わたしの隣のブロックに丁寧に、言い方を変えてしまえばしつこくねちっこく応えていて、ファンサの量がすさまじかった。わたしたちのブロック前に来ていてもまだ名残惜しそうに隣のブロックにファンサをしていて、最後にすべてを出し切るようにした投げキッスが、もう、本当に、人生いままで20年生きていて見たことないほど、濃厚かつ性的な投げキッスだったのである。

 

長い腕を折り曲げ、細く長い指で強く唇を押さえつけ、そのまま投げるかと思いきや唇をまるでその手ではがし取ってぶん投げるような荒々しく濃厚な投げキスだった。しかも「ッチュゥーーッ…」って音が聞こえた。聞こえたの!たぶんマイク通してなかったけれど多分あの近さなら聞こえてもおかしくないはず…(隣の松島担は聞こえなかったらしいけれども)いや!あれは実際した音なんだ!もしかしたらわたしがとっさに脳内保管したのかもしれないけれども!

その投げキッスはあまりにも衝撃的で、多分わたしは一度『New Day』で抜け出しかけた魂を今度こそふっ飛ばしたんだと思う。 呆然として、しばらくぽーっと健人くんを反射的に目で追った。わたし、本当に、ウェルセク来られてよかったーーー!!!!もうチケット代払った甲斐あるわ!(オープニングで既に思ってたけど)てかもうおひねり出したいよね!?おひねり!!お金を!払わせてください!!!!!

魂がほぼきたえーるを一周して、ふらふらと健人くんについていきそうになったけれど、いつのまにかトロッコに乗った聡ちゃんが目の前にきていてギュインと魂は体に戻ってきた。聡ちゃんもほっそ!ちっちゃ!

 

それでもしばらく、「健人くんの投げキス、健人くんの投げキス………」とブツブツ唱え続けた。だってあの投げキスが頭の中で映像としてまだ残っているうちになんとかして半永久的に残るようにできないかと思って…実際無理だったけど。どんどん薄れてるけど。ポンコツ脳内HDDめ…!買い替えたいです!買い替えさせてください!!!

 

それからというもの、健人くんを見るたびにどぎまぎしてしまって辛かった。しんどい、なにこれ。かわいらしく笑いかけるアイドルスマイル☆にも、かっこつける22歳男性にも胸の動悸が収まらない。健人くんってこんなに低音も高音も操るの?あれ、そういえばSexy Zoneってこんなにキー低かったっけ…?と認識してしまってからはもうみんなに動機が止まらない。めちゃくちゃにかっこいいくせに『Cha-Cha-Cha チャンピオン』では一回替え歌で「サッポロ」を入れたのにバカ受けして悪のりするふうまによってサッポロ連呼の訳わからん歌になるワイワイ感を見せつける平均年齢19歳のSexy Zone………

MCではまだまだ話のまとまりがつかずグダグダで、突然『あとで抱いてやるよ』と言い出す健人くんに『ナニソレ!?知ってるだけで中島とヤれんの!?』と返す男子大学生感満載の風磨パイセン、一生懸命話しているのにスルーされて泣き顔のマリウス、いじられているのにはじけている聡ちゃん、ひとりつっこみを担うルックスに反し一番普通のひと勝利くん。

最高かよ。

 

MCなどでばっちり「メンバーがつくったの!みんなとおそろいだね☆」の言葉に顔が自然とほころび、終演後は会場出口目の前にあるグッズ売り場に当たり前のように流れ、グッズを買い足し、「ともだちのお土産に…」なんて二つ目も買った。だってマリたんが「みんな買ってね!」って言ってたし買うのが世界の真理じゃん?

 

こうしてわたしの初Sexy Zoneは無事終了し、無事にわたしは『ゆる健人?担?かな?』から、『ムリめっちゃすき死ぬわたし健人担だわ』に昇格した。後半の失速感がすごくてすみません。悪い癖です。

 

 

………ケンティー…!?!?!!!!!????

 
 ケンティー!?!?!?!?!?

なんならわたし三ヶ月前むちゃくちゃ(とはいえないかもしれないが)近くでお姿見ていたぞ!?!?ドラマ『生まれる。』も第一話から最終回まで余すところなく観たし、少クラも一年以上ずーっと生活の糧として毎週楽しみにしていたよ!?!?!?

いやっ、まあ、当時からかっこいいとは思っていたよ…?かわいい顔している子だなあ…ちょっと前歯気にしてるのかな?大倉くんと一緒だねえ林田兄弟かわいいねえ…なんてぼんやりのんびり考えていたのに。見ているのに視界に入っていないとはこのことなのだろうか。そういえば、ビーアイだったら一番中島健人かな☆といった内容は当時友人たちと話した気がする…

 

こういったわけで、めでたくわたしの担当がもう一人増えました。ありがとうございます。

『勝利の日まで』の会場限定版を予約しなかったことを大きく悔やみつつ、何バージョンまで買うか悩んでいる今日この頃です。ジャケ写的には初回Bがツボです…ときめく…←買いました。そしてAB買ったつもりで間違えてA二枚買うという所業を犯した。

現場に行くたびに見事に引きずり込まれて(?)惹きこまれて(?)いるので、9日からの一週間はほぼウェルセクとセクチャンと少クラの見返しと、新規画像の検索保存で過ぎていきましたが、本日『寝盗られ宗介』終演後には「とつかくん…胸が苦しい…」となっているかもしれません。(なっている未来が見えます)←なりました。だけど劇の内容が難しくてそっちに頭使ってる…

それもまた愛でたし、ということで!浮気お嬢さんサイコー!!!!!!

 

ド新規セクガル中島健人担になりました。